(a)施工目地の場合の横断面図


(b)2車線幅施工の場合



縦目地の設置状況

(a)平面図


(b)断面図


(c)断面図(単位mm)



横膨張目地の設置状況

(a)カッター目地の場合


(b)打ち込み目地の場合



横収縮目地の設置状況

商 品 一 覧
 スリップバー&ソケットネジ付スリップバー   チェア―(溶接加工)   クリアーキャップ   養生剤   路盤紙   目地材
 タイバー&ソケットネジ付タイバー   ポリキャップ   溶接金網(ワイヤーメッシュ)   養生マット   目地板



スリップバーは、一般に、膨張目地、収縮目地を、横断して用いる丸鋼で、
荷重伝達を図り、収縮に追随できるように、片側に瀝青材料等を塗布し、
スリップできるようにしたものをいう。膨張目地に用いる場合はコンクリート版の
膨張を吸収できるように片側にキャップを用いる。


スリップバー使用例
場所 スリップバーサイズ ソケットネジ付
スリップバーサイズ
道路 φ25×500
φ28×500
φ25×700
φ28×700
φ32×700
φ25×500
φ28×500
φ25×700
φ28×700
φ32×700
港湾 φ25×500
φ32×600
φ25×500
φ32×600
空港 φ32×550
φ32×600
φ38×650
φ38×700
φ42×800
φ32×550
φ32×600
φ38×650
φ38×700
φ42×800

スリップバー

ソケットネジ付スリップバー
商品一覧に戻る



タイバーは一般に縦目地(ダミー目地、突合せ目地)を横断して用いる
異形棒鋼で目地が開いたり、くい違ったりするのを防止し、

荷重伝達能力によってコンクリート版の縁部を補強する高い効果があります。

タイバー使用例
場所 タイバーサイズ ソケットネジ付
タイバーサイズ
道路 D16×1,000
D22×1,000
D29×  700
D16×1,000
D22×1,000
D29×  700
港湾 D25×1,300
D32×1,600
D25×1,300
D32×1,600
空港 D32×  550
D32×  600
D38×  650
D38×  700
D41×  800
D32×  550
D32×  600
D38×  650
D38×  700
D41×  800

タイバー

ソケットネジ付タイバー
商品一覧に戻る



チェア―は、スリップバー、タイバーを均一に配列し、正しくコンクリート版に
埋め込まれるように固定する役目の他、チェア―を継ぐ、クロスバーは
縁部補強としての役目も含まれています。
※チェア―のご注文の際は、舗装厚、舗装幅、使用場所等をお知らせ下さい。
  
商品一覧に戻る



ポリキャップは、コンクリート舗装に於ける膨張目地で使用され、
スリップバーの片側にかぶせて使用し、コンクリート版の膨張を
吸収できるように使用します。

キャップの種類
キャップ呼称 使用するスリップバー
16×100 φ16
19×100 φ19
22×100 φ22
25×100 φ25
28×150 φ28
32×150 φ32
38×150 φ38
42×150 φ42
商品一覧に戻る



従来ソケットネジ付タイバー、スリップバーを用いる場合、ソケットのネジ部分に
コンクリートが入るのを防止するためにグリース等をつめていましたが、
施工を容易にできるよう開発した商品です。


キャップの種類
キャップ呼称 使用するソケット
ネジ付スリップバー
使用するソケット
ネジ付タイバー
16用 φ16 D16
19用 φ19 D19
22用 φ22 D22
25用 φ25 D25
28用 φ28 D29
32用 φ32 D32
38用 φ38 D38
42用 φ42 D41


商品一覧に戻る



電気溶接された、溶接金網は、平均的な付着性能がよいので、
コンクリート版に生ずるひびわれを分散させ、なおかつ、
急速に破壊しない効果があります。

用 途
建築物 マンション、事務所、倉庫などのスラブ、壁
鉄 道 路盤、スラブ軌条、高架部のスラブ、側壁
橋 梁 橋梁のスラブ
道 路 コンクリート舗装、高速道路の中央分離帯、側壁
空 港 エプロン舗装、誘導路舗装
港 湾 エプロン舗装、荷捌地舗装、取付道路舗装





溶接金網重量表(WELDED STTEL WIRE J1SG3551)

網目m/m
50 × 50 75 × 75 100×100 150×150 200×200
線径m/m 2.6 1.67 1.16 0.83
3.2 2.52 1.77 1.26 0.88
4.0 3.94 2.76 1.97 1.35
5.0 7.46 4.31 3.08 2.16 1.54
5.5 5.22 3.73 2.61 1.86
6.0 8.88 6.23 4.44 3.11 2.22
D6.0 4.98 3.49 2.49
D10.0 11.20  7.84 5.6 
D13.0 19.90  13.93  9.95
(単位kg/u)
形状、寸法

定着・断手方法
(a)定着方法


(b)断手方法

商品一覧に戻る



養生剤は、コンクリートの表面に皮膜形成するタイプと、コンクリート中の
アルカリ成分と結合して、表面にアルカリ防水層を形成するタイプがあります。
どちらとも初期養生には適した養生剤です。
皮膜養生剤は、水の揮散によりコンクリート表面に非透水性皮膜を形成し、
その皮膜により、コンクリート中の水分の揮散を防ぎセメントの水和反応に
必要な水分をコンクリート中に保持することにより、養生時のヘアークラック
発生を防ぎ、コンクリート強度の低下を防止します。
アルカリ防水層養生剤は、コンクリート中のアルカリ成分と結合して硬化し
表面にアルカリ防水層を形成します。
コンクリート表面が速く硬化することにより、早期にマット養生が出来るので
ヘアークラックの発生を防ぎ、品質の高いコンクリートの仕上がりが可能です。
商品一覧に戻る



セメントの硬化養生期間中に、コンクリートが、必要とする充分な水分と温度が
一定時間保持することができます。
マットのサイズは厚さ4m/m〜10m/m、幅は1m、1.2m、2mがございます。
商品一覧に戻る



コンクリートと路盤との摩擦を軽減し、硬化前コンクリートへ土、その他不純物が
混入したりセメントペーストが路盤に流れ込むのを防止します。
サイズは、1m×50m巻です。
商品一覧に戻る



目地板は、コンクリート版の膨張収縮に順応し、膨張時にはみ出さず、
収縮時には、コンクリート版との間に空隙を生じることなく、
かつ耐久性があるものがよい。

目地板の種類 用 途
1・瀝青繊維質系
2・樹脂発泡体系
3・ゴム発泡体系
目地板のサイズ(各種類)

厚さ 10m/m、20m/m、25m/m、30m/m
道路、空港、港湾、橋梁、ダム、護岸、
他コンクリート建造物すべての目地

※いずれも切断加工も承っております。
商品一覧に戻る



注入目地材は、コンクリート版の膨張収縮に順応し、コンクリートによく付着し、
水に溶けず、水を通さず高気温時に流れ出さず、低気温時にも衝撃に耐え、
土砂等の侵入を防げ、かつ耐久的なものがよい。
なお、目地材には、加熱式と常温式があります。


高弾性タイプの100m当り所要量(kg)
          比重1.02 ロス20%含む
目地の幅m/m
10 20 25 30
目地の深さm/m 20 19.5 24.5 49.0 61.0 73.5
25 24.5 30.5 61.0 76.5 92.0
30 29.5 36.5 73.5 92.0 110.0 
35 34.0 43.0 85.5 107.0  128.5 

低弾性タイプの100m当り所要量(kg)
          比重1.04 ロス20%含む
目地の幅m/m
10 20 25 30
目地の深さm/m 20 20.0 25.0 50.0 62.0 75.0
25 25.0 31.0 62.5 78.0 93.5
30 30.0 37.5 75.0 93.5 112.5 
35 35.0 43.5 87.5 109.0  131.0 

施工上の注意

1・目地材を注入する際は目地を十分清掃乾燥しプライマーを0.3g/uの
  割合で均一に塗布し、プライマーの乾燥をまって注入してください。

2・目地材の溶解は、局部過熱をさけ間接過熱で溶解し、なお、
  安全加熱温度(220℃)を超えないようにしてください。

3・目地の注入深さが30m/m以上の場合には、注入した目地材が
  冷えると収縮しますから、再度目地材を注入し補充するようにしてください。

4・冬季における目地材の注入は、コンクリート面よりやや低目に行ってください。


商品一覧に戻る


 ●目地詳細平面図



 ●溶接金網詳細図